ダイエットフードと言われる麻辣湯(マーラータン)のお店を福岡でリサーチ!

こんにちわ

今回はダイエットフードとしても良く耳にする中華料理の麻辣湯(マーラータン)という料理について調べてみました。

東京には「七宝麻辣湯」という有名なお店がありますが、福岡にも専門店があるのかどうかも調べてみましたので、紹介したいと思います。

出典:食べログ公式

スポンサードリンク

麻辣湯とはどんな料理?

皆さんは麻辣湯を食べたことはありますか?

「麻辣」という言葉を調べてみるとこのように書いてありました。

麻辣味

麻辣味は花椒と唐辛子による中華料理の味付け。四川料理では麻婆豆腐など多くの料理に使われている。 舌がヒリヒリするような唐辛子の辛さである「辣味」と、花椒の舌が痺れるような辛さである「麻味」の二種類の異なった「辛さ」により構成される。

出典:ウィキペディア

「麻」:唐辛子のヒリヒリ感
「辣」:山椒の痺れ感
「湯」:熱々のスープ

私の最初のイメージは漢字の意味から入りました。

そうすると「激辛熱々スープ」というイメージになってしまい辛いモノ好きな人でないと敷居の高い料理なのでは?と思ってしまいます。

しかし、今ではダイエットフードとして世の中に知られる存在として、女性を中心に人気のある料理になっていますね。
(お店によっては辛さを抑えた麻辣湯を提供してくれるところもあります)

やはり辛いので、発汗作用でダイエットフードとして注目されているのかと思っていましたが、その他にも注目される理由がありました!

麻辣湯スープは約20種類の香辛料を使用していて、どれも漢方食材として親しまれており新陳代謝を促進してダイエットだけではなく、美容と健康にも大変良い!ということです。

また、野菜が多く入っていたり、麺を春雨にしていることでカロリーを控えている人でも罪悪感なく食べることができる料理なので、人気になっている理由がわかりますね。

出典:Instagram公式

スポンサードリンク

福岡で専門店のお店をリサーチ

麻辣湯が体に良いと聞くと1度は食べてみたくなりますよね?

専門店を調べてみると東京や大阪にはお店がありますが、他の地域では数が少ない感じです。

今回は福岡限定になってしまいますが、紹介させていただきます。

福岡市の博多区美野島に2020年にオープンした「合鑫園(ゴウヒンエン)」というお店です。


福岡初の麻辣湯の専門店です。

麻辣湯は好きなトッピングを3品、麺の種類(麺or春雨)、辛さを選んで税込でなんと765円!安いですね!注文方法は下の写真の載っていますが、東京の有名店「七宝麻辣湯」と同じ方法になっています。

福岡でも専門店の味が堪能できるなんて、嬉しいですね!

出典:食べログ公式

お店の雰囲気

店内は白を基調とした清潔感があり、壁には上海?をイメージした絵のお皿が飾ってあります。

トッピングの具材も棚から自分で選んでお皿に乗せる注文方法となっていて、壁にもイラストで注文方法が描かれているのでわかりやすいですね!

テーブル席の他にもカウンター席もあるので、1人で食べに行っても安心できると思います。

出典:Instagram公式

アクセス方法

博多駅から徒歩の場合

博多駅から約1.2キロ歩きます。

時間にすると約15分なので、そこまで遠い距離ではないですね。

お腹を空かせるためにちょうど良い運動として歩いて行っても良さそうです。

博多駅からバスの場合

博多駅からバスに乗ってお店に行く場合は、以下のルートになります。

バスで6分、徒歩で3分の計9分で到着するので、バスの待ち時間を入れなければ博多駅から徒歩で行く場合よりも早く到着できます。

ルート
  1. 博多駅前Aのバス停から乗車
  2. 那珂川営業所行き「47番」のバスに乗車
  3. 美野島1丁目のバス停で下車
  4. そこから徒歩で約3分
    ※道順は以下のgoogleマップを参照ください。

スポンサードリンク

まとめ

今回は麻辣湯(マーラータン)について調べてみました。

漢方の作用によって美容と健康に良い料理ですが、福岡でも専門店がオープンしていました!

博多駅から徒歩でも行ける近さのお店なので、1度麻辣湯を食べてみたい方は是非行ってみてはいかがでしょうか!


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク