無料で読める四方山貴史さん作の漫画「VS EVIL」が実はスピンオフマンガだった!

こんにちわ

今回は「VS EVIL」というマンガについてご紹介したいと思います。

2018年12月に配信開始されたマンガで今は連載終了(全42話)しています。

無料で読むこともできるので、興味のある方はこの記事を参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

どんな内容のマンガなの?

出典:Amazon公式

このマンガを知ったきっかけは作者「四方山貴史」さんが描いているマンガ「終の退魔師 エンダーガイスター」を読んでいるときにもう1つの作品がこの「VS EVIL」でした。

第一印象
  • 最初は表紙から怨念イメージがあったのでホラーミステリー系のストーリーと思った。
  • さすが四方山貴史さんのマンガだけあってアクションシーンが爽快でクオリティが高い。

女子大生の主人公と彼女に取り憑いた怨霊のコンビを描くゴーストアクション作品です。

彼女に取り憑いた怨霊は生前の記憶がなく、自分が成仏するための手がかりを探すため主人公と協力しながらいろいろな怨霊を倒していく物語です。

全部で42話と少し少ないストーリーですが、見応えたっぷりなのでおすすめのマンガです。

生前の記憶を失った怨霊と彼に憑りつかれた女子大生、あさひ。失われた記憶を探す二人の戦いを描く新感覚スタイリッシュ“ゴースト”バトル!

出典:サイコミ公式

「終の退魔師 エンダーガイスター」の記事もありますので、一緒にどうぞ!

作者はどんな人?

このマンガの作者は「四方山貴史(よもやもたかし)」さんです。

年齢、出身地ともに不明で今のところ詳しい情報は公開されていませんが、師匠は栗原正尚さん(代表作「怨み屋本舗」)のようです。

師匠の影響で怨み系のマンガになったのかもしれませんね。

今後の情報公開に期待しましょう!

今のところ作品は以下の2作品です。

作品
  • 終の退魔師 エンダーガイスター
  • VS EVIL(バーサス・イビル)

スポンサードリンク

登場人物は?

主なキャラクターは3人です。

3人ともに今後(続編)も重要な登場人物となる可能性があり抑えておきたいキャラクターとなります。

あさひ

出典:Amazon公式

このマンガの主人公でかつヒロイン

どこにでも居そうな女子大学生ですがある日、突然 怨霊に取り憑かれてしまいます。

取り憑かれた時の記憶を失っており、「怨さん」と一緒に失った記憶を取り戻すために痕跡を追って行きます。

怨さん(あさひに取り憑いた怨霊)

出典:Amazon公式

主人公「あさひ」に取り憑いた怨霊

生前と亡くなった時の記憶を失っています。

「あさひ」の体に入って悪い怨霊と戦いながら記憶と取り戻すために痕跡を追って行きます。

月神鈴(つきがみ すず)

出典:Amazon公式

物語の途中から登場する退魔師

怨さんがあさひに取り憑いているのを知って駆除してあさひを助けようとするために二人に近づいてきます。

あさひとは銭湯(裸の付き合い)で距離が近くなり仲良しに。

※「退魔師」というワードが今後の展開の重要なワードとなってきます。

どこで読むことができるの?

今のところ以下で読むことができます。

「サイコミ」では無料で読むことができるので読者にはありがたいですね!

ただし、サイコミでは1日1話ずつしか読めないので、1度に読みたい場合は各マンガサイトを利用する方が良いでしょう!

現在はすでに連載終了(全42話)しているので最終話までゆっくりと読むことができますね。

配信メディア
  • 「サイコミ」というマンガ配信サービス
  • 各マンガサイトの電子コミック(単行本)

    ※残念ながら紙媒体の単行本はありません。

実はスピンオフ漫画だった!

マンガの内容はネタバレになるので置いておきますが、このマンガは実は四方山貴史さんのもう一つのマンガ「終の退魔師 エンダーガイスター」のスピンオフ漫画だったのです!

こちらのマンガは第42話で終わっていますが、エンダーガイスターに繋がっています!

どのように繋がるかは見てのお楽しみですね!


なので、「終の退魔師 エンダーガイスター」を見ている人は「VS EVIL」が繋がってくるので、このマンガも読んでいるとより楽しむことができますね!

「VS EVIL」を読んでいる人は「終の退魔師 エンダーガイスター」も読みたくなりますよね!

スポンサードリンク

まとめ

今回はマンガ「VS EVIL」について紹介させていただきました。

アクション爽快で
物語の内容も面白く
実はスピンオフ漫画だったという
読者を飽きさせない作品となっています。

皆さんも試しに読んでも損はしないと思いますよ。


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク