【肉食コラムニスト】うらともえのおすすめ肉料理のお店5選!結婚などプロフも紹介!今夜くらべてみましたに出演

こんにちわ

最近、テレビ番組「今夜くらべてみました」にサックス奏者のうらともえさんですが、別の顔「肉食コラムニスト」としても活躍されており、番組でもオススメの肉メニューを紹介していましたね!

そこで今回は、うらともえさんが今までに食べてきた肉料理の中で「おすすめ!」と公表してきたお店を調べて見ましたので、ご紹介します。

「さすが肉食コラムニスト!」と思ってしまうほどのお店ばかりなので、是非ご覧ください。

スポンサードリンク

うらともえのプロフィール

出典:https://www.fmosaka.net/

【氏名】
浦 朋恵(うら ともえ)

父:矢沢永吉ファン
母:クールス・ファン

【生年月日(年齢)】
1981年12月3日(40歳)

【星座】
射手座

【血液型】
不明

【出身地】
岐阜県高山市

【職業】
木管楽器奏者
作曲家
歌手
肉食コラムニスト
飲食店経営者

【使用楽器】
・バリトン・サックス
・B♭クラリネット
・メロディカ

【尊敬する音楽家】
ドクター・ジョンとリン・ホープ

【主な活動】
・大和ハウスの楽曲提供・演奏(CM 2016年)
・キューピーの楽曲提供・演奏(CM 2017年)
・明石家さんまのコンプレッくすっ杯(テレビ 2014年)
・おはよう朝日土曜日です(関西ローカルテレビ)
・たむらけんじのぶっちゃ〜けBar(テレビ 2021年)
・FM大阪ラジオパーソナリティ(ラジオ)
・今夜くらべてみました(テレビ 2021年)

まずは、うらともえさんについてご紹介します!

最近では肉食コラムニストとしての活躍が目立っていますが、本業の方はプロの音楽家で、今までにもディスコグラフィのアルバムやバンドとのセッションに参加した作品をリリースしています。

うらともえさんは4歳の頃に近所の音楽教室に通い始めていますが、ピアノには目もくれず発表会ではもっぱらダンスとギロを担当していたそうです!

中学生の時に吹奏楽部に入ってクラリネットに出会い、大学ではワールドミュージック系サークルに入ってバンド活動を始めています。

メイン楽器はクラリネットでしたが、2006〜2008年あたりで断続的に渡米しており、その時に今のメイン楽器であるバリトンサックスに持ち替えたと言われています。

その後も音楽活動を続けて、2012年に大阪の日本橋にオーナーとして務めるBar「DIDDLEY BOW」をオープンさせています。

出典:https://www.facebook.com/

2013年くらいから肉食コラムニストとしての活動は始めて、雑誌「Meets」の肉食コラムを連載したり、関西ローカル番組の出演やラジオのパーソナリティで活躍されています。

うらともえさんの結婚について調べてみましたが、SNSでも家族の存在を公表しておらず、わかりませんでした

もし旦那さんがいたとしても、うらさんの食欲を大きく包んでくれる方なんだろうなあと思ってしまいますね。

出典:https://www.daimaru.co.jp/

雑誌「Meets」で8年間に渡って毎月肉の店を訪れて執筆するほど、肉料理に精通するうらともえさんが「肉ならココがおすすめ!」と公表したお店は、さぞかし有名で高級なお店ばかりだと思ってしまいますよね!?

それが、調べてみると庶民的なお店ばかりで、それでも肉食コラムニストがおすすめするので間違えない!と思われます。

では、早速うらともえさんの肉料理のお店5選をご紹介します。

出典:https://www.uratomoe.net/



お肉ではありませんが、蕎麦のデカ盛りや元サッカー選手巻さんの食べっぷりの記事もありますので、ご一緒にどうぞ!


お待たせしました!
次のページから、うらともえさんのおすすめ肉食のお店5選のご紹介になります!!

スポンサードリンク