【柔道家】丸山城志郎選手の今までの道のりとパリオリンピックに向けての今後は?

こんにちは

今回は東京オリンピックの代表選考で、阿部一二三選手と死闘を繰り広げた柔道家の丸山城志郎選手についてです!

可愛い奥さんがいることでも有名ですが、丸山選手本人の柔道家としての今までの道のりと、パリオリンピックに向けての今後について調べてみました。

スポンサードリンク

柔道家「丸山城志郎」とは

1993年8月11日生まれ(現在28歳)の宮崎県宮崎市出身の柔道家です。

父親の丸山顕志さんはバロセロナオリンピックの柔道65キロ級に出場しており柔道一家で育っています。

中学生時代には、父親から甘えを感じとられ「お前に志す価値はない。心を使うな」と言われて、「城志郎」から心の文字をとって「城士郎」に名前を変えられてしまうほど柔道の厳しい家で育ったようです。


今の丸山選手の強い精神力は、小さな頃から養われていたのでしょう!

5歳から柔道を始めて学生時代、社会人でも国内大会で優秀な実績を残していましたが、丸山選手が脚光を浴び始めたと言えば、2018年11月のグランドスラム大阪大会で阿部一二三選手を破って優勝したことではないでしょうか!

大会の1か月前に一般女性と結婚しており、奥さんの存在がかなり力になったのではないかと思いました。

東京オリンピックの代表選考の2020年12月の最終決戦では、残念ながら敗れてしまいましたが24分もの死闘は皆さまの記憶にも残っていると思います。

出典 Yahoo スポーツニュース


結果的に、東京オリンピックの代表には選ばれずに心理的にはモチベーションが落ちて活動再開まで時間がかかるのでは?と予想していましたが、東京オリンピック開催の2021年の世界選手権(ブタペスト)で見事優勝して「丸山城志郎」健在!をアピールしています!!

既に気持ちはパリオリンピックに向いているところが素晴らしいですね!

スポンサードリンク

パリオリンピックに向けての今後の動きとは?

次のパリオリンピックまでに開催される主な大会です。

今後の主な大会

主な国際大会
  • 2021年12月
    グランドスラム(日本・東京)
  • 2022年 4月
    世界選手権(フランス・ベルサイユ)
  • 2023年未定
    世界選手権(カタール・ドーハ)
  • 2024年 夏
    オリンピック(フランス・パリ)

阿部一二三選手を追う立場としておそらくこの主要な大会はすべて出場すると予想されます。

2022年の世界選手権で、世界選手権2連覇中の丸山選手と東京オリンピックチャンピオンの阿部選手の対戦することを応援する私たちは、今から楽しみでしょうがないですね!

柔道とは関係がありませんが、パリオリンピックまでに丸山夫婦に赤ちゃんが誕生したりすると丸山選手は今まで以上の活躍をしてくれそうな気がします!

なので、今後の丸山夫婦にも注目していきたいですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は丸山城志郎選手について調べてみました。

阿部一二三選手が東京オリンピックで金メダルを獲得して、「目標はオリンピック4連覇」と言っていましたが、丸山選手がいる限りパリオリンピックの代表権はまだ白紙の状態に近いと思われます!

次のパリオリンピックでは、丸山選手が金メダルを獲得して喜びと感謝の男泣きを見たいですね!


最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク